K先生のマイクロバブル風呂生活の効果が徐々に明確になってきました。3ヶ月

が過ぎてマイクロバブル談義がいよいよ盛り上がってきました。まずは、巨漢のK

先生が、「痩せた」といってきました。

 「やはり、そうですか。どのくらい痩せましたか?」

 「3ヶ月で約6kg痩せました」

 この「3ヶ月6kg」という数字には、ほかにも同じ事例があり、どうも共通性がある

ようです。それを踏まえ、次のように質問してみました。

 「痩せられた原因は何だと思いますか?」

 こう尋ねられ、K先生は、はたと困りました。お風呂で汗をかくようになったことし

か思い浮かばなかったからでした。

 「ほかに何か変わったことはありましたか?」

 「何もありません」

 「そうですか、以前ほど食欲が出なくなったことはありませんか?」

 「食欲?」、こう聞かれ、返答に困りました。

 「そういわれてみれば、あれほど好物だったトンカツを食べたいとは思わなくなっ

ている、これはどういうことか?」

 K先生は、こう思いを廻らしまし、「そうだとしたら」、不思議なことだ思い始めてい

ました。

 K先生は、関東のT県の出身地であり、ここでは、肉といえば豚肉を多く食べる習

性があり、K先生にとって、幼いころからの好物がトンカツで、毎日食べたいと思う

ほどのものでした。ところが奥さんは、Y県出身ですから、しかも海のそばですか

ら、どちらかといえば魚が主食であり、この好物の違いがもとでよく夫婦喧嘩が起

こっていました。 

 「そういえば、あまりガツガツ食べなくなりました」

 「そうでしょう、お風呂はいつ入られますか?」

 「夕食前です」

 「やはりそうですか、お風呂に入ると食欲が以前ほどではなくなったのではないで

すか?」

 「そ、それは、どういうことですか?」

 「どうやら、マイクロバブルが満腹中枢という神経を刺激して、満腹感を覚えさせ

るようです。これは温泉に入って刺激を受けることでも起こる現象のようです」

 K先生は、この3ヶ月間を振り返り、

 「そういえば、そのようだ、たしかに、食欲が以前ほどでなくなり、女房が出した料

理をそのまま食べるようになっている、あれほどトンカツであれば毎日食べたいと

思っていたのに、そのように思わなくなっている。これは、いったいどういうこと

だ!」

と、思いました。「吃驚仰天」とは、このことでした。結果的に、満腹感の創出のため

に食べる量が減り、痩せられたのでした。

 「夫婦喧嘩も減ったのではないですか?」

 ずばり、核心を突かれ、それも認めざるを得ませんでした。

 「どうして、そんなことがわかるのですか」

 水木しげるの妖怪のような「怖いもの見たさ」の心理が湧き出て、思わず訊き返し

ました。

 「それには、これまでにも、同じ事例があり、典型例は、『鱧』ですよ。あの獰猛な

鱧が借りてきた猫のようにマイクロバブルでおとなしくなります。先生も鱧になった

んですよ」

 「鱧? そういえば、『マイクロバブルのすべて』で鱧のことが紹介されていたが、

自分もあの鱧になったのか!」

 「そうですよ、あの鱧になったのですよ。お風呂に入るだけで、夫婦が喧嘩をしな

くなる。これはとても驚きで、そしてよいことですよ」

 私にも、その事例が当てはまりましたので、すこし実感を込めて、そういいました。

 

 そういえば、昨日は、煙草を家に置き忘れ、いつもだと、それがポケットに入って

いないと1日中イライラするのに、それがなんともありませんでした。

 「これも、マイクロバブルの効果ですかね?」

 「そうだと思います。副交感神経を刺激してとてもリラックスできますので、それが

作用したのでしょう。それから、心身のバランスが良くなったのでしょう。風呂上り

に、なんとなくそう思いませんか」

 「気分爽快ですね!」

 このように指摘されると、いくつも思い当たることがあるので、それを認めるしか

ない、このように思うようになり、マイクロバブルウオッチャーとしてのK先生の目は

ますます洗練化されるようになりました。

Ph02842j