マイクロバブルの効果について、その長期的な問題を考える際に

は、「マイクロバブル水」と「マイクロバブルの生物活性」という2つ

の視点が重要です。

 そこで、これについてMKコンビの会話を続けることにしましょう



 K:「
マイクロバブル」と「マイクロバブル水」は違うのですね。

 M:その通りです。「マイクロバブル」とは気体のことで、「マイクロバブル水」

とは、「マイクロバブルを含む水」や「マイクロバブルが発生した後の水」のこと

をいいます。


 K:
「マイクロバブルを含む水」と「マイクロバブルが発生した後の水」は、どう

違うのですか?

 M:「マイクロバブルを含む水」とは、発生しているマイクロバブルが存在して

いる水のことです。「マイクロバブルが発生した後の水」とは、マイクロバブル

を発生させた後で、しばらく時間経過した水」のことをいいます。前者は、水の

中でマイクロバブルの特性を生かすことができ、後者では、マイクロバブルの

発生時に変化する水の性質を生かす技術といえます。

 
K:この区別が、とても重要なことはわかるのですが、具体的には、どのよう

な利用が考えられるのですか。


 M:その方がわかりやすいですね。実際の海の場合ですと、このときの1回4

時間、マイクロバブル発生装置10機におけるトータルのマイクロバブル発生

量は、約5000リットル、マイクロバブル水は、約100立方メートルでした。前

者においては、溶存酸素濃度の向上、生理活性を引き起こし、カキをカンフル

的に元気にし、後者においては、アルカリ化や浸透性の促進などの効果に

よって水環境の改善を実現させたのではないかと思っています。

 K:それで、カキが喜んだのですね。

 M:そうだと思います。カキが死んでしまう環境ではなく、マイクロバブルの供

給でそれを防ぐ場バリアのようなものが、筏の周辺に形成されたから、少々の

悪条件でも耐えることができたのだと思います。マイクロバブルを供給すると、

二枚貝が強くなり、少々の酸欠でも対応できるようになります。そのことは、三

重県の英虞湾においても観察することができました。溶存酸素濃度が、

2~4ppmでも、マイクロバブルを与えたアコヤガイの稚貝は元気そのもので

した。ところが、マイクロバブルを与えていないと、このような状態が3日も続く

と貝がどんどん弱っていきます。

J0403289