M:マイクロバブルを水面から10m下で出したことによって、下にある冷たい

水が徐々にマイクロバブルとともに上にあがってきました。なにせ、マイクロバ

ブルは小さいので、その上昇速度は1m上がるのに5時間もかかります。です

から、そのほとんどは、途中で溶けてしまい、その水が上にあがってくるので

す。酸素が豊富で、生理活性を引き起こす泡と水ですから、カキの方は大歓迎

です。これで、単に表面の水温を1℃下げただけではなく、その活性を引き出

す水を供給したことに大変な意味がありました。

 
K:というと、カキになにか重要な変化が起こったのですか?

 M:その通りです。すでに産卵を始めていたカキが、逆に、それを止めて「身

入り」を始めたのでした。これは、柔らかい卵が硬くなって身になっていくことを

意味していました。カキとしては、水温が低くなったので、まだ産卵の時期では

ないと本能的に判断し、自分の身体を成長させることに切り替えたことになり

ます。産卵による体力消耗、つまり元気の素であるグリコーゲンを消費するの

ではなく、逆に蓄積する側に向かうわけですから、当然元気になって成長して

いくことになりました。

 
K:わずか1℃の差が、そのような逆転を生んだのですか? すごいことです

ね。


 M:生物は素直です。理にかなっていれば、どんどん、自らの能力を発揮す

ることができます。しかし、それが反対だと、自分を生かすことができないの

です。ですから、自然の仕組みを簡単に変えて、生物を追いこめてはいけない

のです。自由自在に技術を操れる強い者こそ、弱い者のことと考える必要が

あるのです。30年前までは、半年で成長していたカキが、そこまで成長するの

に、2年も3年もかかるようになってしまったことには、私たちが反省しなければ

ならないいくつもの課題があるはずで、そのことをカキの現実が教えているよ

うな気がします。

 
K:わずか、30年余で、ヒトは、海を汚し、そこに住む生物まで脅かすように

なってしまったのですね。これは決してほめられることではありません。


 M:身が入って成長したカキたちは、立派に排卵を遂げました。このときも、

カキは体力を消耗し、しばらくは成長することができません。ところが、マイクロ

バブルを浴びると、再び元気になって成長を開始しました。そのときは、夏が

過ぎて秋に向かう季節になっていましたが、ここで、水温がさらに1℃さがりま

したので、また、よいことが起こりました。

 
K:えっ! また、よいことが起こったのですか。

 M:そうです。自然はそんなに単純ではないのです。

J0282860