本日は、神戸・大阪に向かう新幹線車中です。先週も大阪でしたので、2週連続と

なりました。師走も残り少なくなり、私も少しばかり慌ただしくなってまいりました。私

どもの学校は22日で終わりますが、その後も重要なき実験がいくつかあり、今年も

ぎりぎりまで、それらに取り組む様相を帯びてきています。

 この時期、昨年と比較しますと、今頃は名古屋大学で開催された第3回マイクロ・

ナノバブル技術シンポジウムが約200名の参加で成功裏に終わった直後でした。こ

のシンポジウムでは、阿智村の岡庭村長が特別講演をなされ、それを聞くために、

阿智村の方々がバスをチャーターして大勢来られていました。そのなかの一人がM

さんでしたが、その休憩時間に歓談した時に、病院での検査の結果が非常によ

かった、マイクロバブルのおかげですという嬉しい知らせをそっと聞かせていただき

ました。そのMさんは、本ブログにもたびたび登場される方です。奥様は、日本楽

器を演奏される方で、Mさんの健康改善をとても喜ばれていると思います。

 もう一人、山田さんという少し高齢の女性の方が、会場の一番前にすわって岡庭

講演を熱心に聞かれていました。この方と、今年の夏に「湯ったりーな昼神」で出会

い、そういえば名古屋大学でお会いしましたねと、懐かしい会話を交わしました。こ

のとき、私は、その山田さんを見て、とても吃驚して、次のようにいいました。

 「山田さんは、確か名古屋大学の会場の一番前にすわっておられましたね。そう

ですよね。よく覚えています。山田さんが大変美人で印象に残っていたからですよ」

 このように寅さん流にいうと、たちまち、山田さんは顔を崩されて笑っておられまし

た。

 「いや、いや、本当なのですよ。それにしても随分若くなりましたね。それは、マイ

クロバブルのせいですかね」

 こういうと、ますます喜ばれ、次のようのいわれました。

 「そうなんです。ここの水中運動の後に必ずマイクロバブル風呂に入ります。これ

で身体がとてもよくなります」

 「そうでしょう。運動をした後に、マイクロバブル風呂に入るとさらに効果がでます

よ」

 「やはりそうですか。」

 「運動をすると、その分だけ血行が良くなります。その血行促進をさらに進め

ますので、とてもよいはずです。それにしても、随分若くなったような気がします」

 「そうなんです。自分でもび吃驚するほどです。マイクロバブルがとてもよいようで

す」

 「まだ、マウス実験の段階ですが、若返り、つまり抗加齢(アンチ・エイジング)を促

す成長ホルモンがマイクロバブルで出てくるようです。このお風呂に入るととても気

持ちがよいでしょ。どうやら、それと深い関係があるようです」

 「そうです。とても気持ちがよい、ここちよさを感じます。ところで、マイクロバブル

には直接身体を当てた方がよいのですか、ときどきそれを奪い合いになってしまい

ます」

 「直接当てた方がよいのですが、湯ったりーな昼神のマイクロバブル風呂の場合

は、その周辺でも十分効果がありますよ。どうか、仲よく入浴されてください」

 「そのことをみなさんに説明してくださるとよいのですが」

 「そうですか、村の担当の保健士さんとも相談して、マイクロバブル風呂のことに

ついて詳しく説明させていただく機会を設ける必要がありますね」

 「先生、ぜひとも、そのような機会を設けてください」

 「それにしても、ずいぶん若くなって見違えるようです」

 こういうと山田さんは再び顔を崩されて喜んでおられました。こうして1時間以上も

話し込みましたが、そのときの話では、山田さんのようにどんどん若くて元気になっ

方が何人もおられると聞き、これはとてつもないことだと思いました。

 ちなみに湯ったりーな昼神の入浴は、村長の粋な計らいで70歳を過ぎると無料に

なるのですが、その山田さんは、無料で入浴なされているとのことでした。

 マイクロバブルで抗加齢(アンチ・エイジング)、とても重要な課題といえます。

J0183088