一周年を振り返り,「マイクロバブル人」の話をすることにしましょう.その第1は,

「ゴールドクラウン」についてです.これは,昨年の8月に,山口県岩国市にある村

重酒造を訪問した時の記事が「きっかけ」になりました.なぜ,この用語にしたかと

いえば,この村重酒造がメインで出している酒が「金冠黒松」という名前でしたの

で,この二文字をとって,「金冠」すなわち,「ゴールドクラウン」と呼ぶことにしまし

た.当時は,これから,新しい酒をつくる,村重酒造だけでなく,山口県や日本の日

本酒業界を変えるような開発を行いたいという社長さんの話もあり,それにはどう

すればよいかを熱く議論させていただきました.

 その後の経過は,6月20,21日に京都で開催される第8回産学官連携推進会議で

発表させていただきますが,その前に,その概略だけでもみなさんに披露させてい

ただきます.

  まず,マイクロバブルのことをよく理解していただくために,酒造りに使用している

水を送付していただきました.酒造りには,よい水が不可欠であり,それが汲める

ところに酒屋が存在しています.酒どころと呼ばれる新潟や高知,そして広島で

は,おいしい水がふんだんに湧くところでもあります.しかし,その酒造りメーカーに

限って,よその水を飲むことは少なく,場合によっては,自分のところの水が一番お

いしいと思っている方もおられます.

 そこで,送ってきていただいた水を「マイクロバブル処理」して送り返し,その味を

試していただきました.さすが,杜氏の舌の味は確かで,その水において重要な変

化が起きていることを確かめたようでした.ここで,第1回戦は私の勝利となりまし

た.そこで第二回戦が始まりましたが,それは先方からの次の要請で始まりまし

た.

 「水の味が変わることは確かめましたので,今度は酒でマイクロバブル処理をよ

ろしくお願いいたします」

 こういって大吟醸酒が送られてきましたが,それもマイクロバブル処理して送り返

し,これでも,こちらが大勝利となり,かれらもマイクロバブルのことを認めざるを得

なくなりました.この戦いにおいて,杜氏の果たした役割が非常に重要でした.水や

酒の味についてはプロですから,その重要な違いを見つけることができたからで

す.これができないと,「自分たちで飲んでしまって,おいしかったが結局違いがわ

からなかった」とか,「半分の人は違いがわかったが,もう半分はわからなかった.

さらに,それを送れ」ということになることが多く,ここには,ほとんど進歩の要素が

見られませんので,それで終わりになります.

 ところが,村重酒造の場合は,そうではありませんでした.そこで,いよいよ重要

な第三回戦が行われることになりました.その舞台は,徳山高専テクノセンター室

で繰り広げられました.                                     

                                          (この稿続く)

J0421824