マイクロバブル入浴を済ませた後で,カザルスによるバッハの無伴奏チェロソナタ

を聞きながら,プライムタイムに座ってブログの記事を書き始めています.これで,

新たな「トリオ」が「ここちよく」形成されることになりました.

 別のブログ記事で,Intuition(ひらめき) から Invention(発明)への移行の話をして

きました.これに関連して,私の最近の話を紹介させていただきます.

 この夏,豊橋技術科学大学でマイクロバブルの実験を行いました.とくに,Aさん

の実験が印象深く,「マイクロバブルの足浴で,とても気持ちがよい」とおっしゃられ

ていました.こちらも,それを聞いて喜びましたが,その関連の実験において,気に

なる現象が起こりました.その時は,そのままで終わったのですが,どうしても,そ

れが気になりだし,これが,「Intuitioin」になるのではないかと思い始めています

が,それはいまだグレイゾーンにあります.

 「もしかして,もしかして」,昔風にいえば「もしや,もしや」ですが,このように考え

るときが,一番楽しいときです.そのIntuitionが本物かどうかも含めて,より詳しい

調査を行う予定です.

 さて,本日は,実験を行っている池で水質の視察に出かけました.ボートに乗っ

て,その視察を終え,ボートから降りるときでした.片足を陸地に下ろした瞬間に,

ボートが岸から離れていくではありませんか,これはいかんと思っても,どうしようも

なくなり,片足は陸地,もうひとつはボートの上で,いわゆる股裂き状態に陥ること

になりました.このままでは,耐えられなくなる,そう思い,慌ててボートに戻ろうと

思ったのがいけませんでした.その反動で,ボートはますます岸から離れ,後はざ

ぶんと音をたてながら落ちるだけでした.結果は,全身ずぶ濡れで,最悪の事態と

なりました.こんなことは久しぶりで,大変な洗礼を受けてしまいました.とんだ,「プ

ライムタイム」となりました.

                                              (つづく)

J0404846