マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

更新情報

 連休も後半を迎え、その前に溜まっていた疲労がすっかり消えて、とても清々しい5月を迎えています。 このなかで、私の足の冷えを改善する実験が継続しています。 昨日は、いつもより早く眠くなってしまい、光マイクロバブル入浴ができませんでした。 気温も上昇してき
『「命と健康の『ものづくり』」(3500回記念)(23)』の画像

 前回の記事において示した「4つの切り口」を踏まえて、「技術開発とは何か」について論究を進めましょう。 そのために、その切り口を次のようにより簡潔化しました。 ①「創造性教育」における「創造とは何か」を明解に説明できない。 ②「創造的技術者の養成」という
『高専の未来図(17)技術開発とは何か(2)』の画像

 マイクロバブルフォーム洗浄・温浴法の基礎は、光マイクロバブル技術にあります。 今回から、その基礎に関する解説を開始しましょう。 光マイクロバブル技術は、私どもが開発した超高速旋回式マイクロバブル発生装置を基本としています。 他の方式の発生装置と区別する
『光マイクロバブルとマイクロバブルフォーム(3550回記念)(4)』の画像

 私の習慣のひとつに光マイクロバブル入浴があります。 その入浴開始は、1995年あたりですので、すでに四半世紀近く持続していることになります。 当時は、私が開発したマイクロバブル装置(後に、他と区別するために『光マイクロバブル』と命名)しかありませんでしたの
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(22)オーガスタ』の画像

 光マイクロバブル技術特別セミナーの第1回が開始されたのは10月27日でした。 以来、先週の木曜日で20回を迎えることができました。 結局、約半年に及ぶ特別セミナーになりました。 現在は、その最後の課程を迎えて「卒業レポートの作成」に取り掛かっています。 このよ
『第20回光マイクロバブル技術特別セミナーを終えて』の画像

 先週の水曜日に、第45回マイクロバブル研究会が開催されました。 今回は、当日になって深い霧が発生したために、交通手段の都合で予定していたプログラムが変更されました。 いつものように、研究会員の報告から始まりました。 S会員から、今年の農作物栽培に関する取組
『第45回マイクロバブル研究会を終えて』の画像

 昨日は、10連休の初日でした。 4月当初からの根を詰めた仕事から解放されたせいでしょうか。 それとも一昨日、やや込み入った基本設計図を何枚も描いたせいでしょうか。 朝から眠くて、テレビを視ていても、うとうと状態となっていました。結局、それが夜まで続き、ブロ
『ブログガイダンス(74)2019年4月(2)』の画像

 「しばらく、ブログガイダンスを書いていないな?」と思って調べてみたら、3月はなし、4月も今日まで認めていませんでした。 それだけ、何かと忙しかった(?)からでしょうか。 これまでは、このような「抜け」はほとんどありませんでしたので、それだけ、特別の月間だ
『ブログガイダンス(73)2019年4月(1)』の画像

 「ここちよさ」、種々の光マイクロバブル入浴装置を開発してきから、ずっと、この概念に関する研究を一貫して探究してきました。 整形外科医としては、非常に著名なK整形外科病院(中津市)のK先生は、いつもこのようにいわれています。 「私たち整形外科医の目標は、患
『命と健康の「ものづくり」(3500回記念)(22)』の画像

 最近の高専における教育目標において「創造性」という概念がよく用いられるようになりました。 「創造的技術者」、あるいは「創造性豊かな実践的技術者」などの表現が、それに相当します。 しかし、その「創造的」や「創造性」を深く探究しようとした事例は意外にも少な
『高専の未来図(16)技術開発とは何か(1)』の画像

4
 このところ、光マイクロバブルP4ほかの人気が徐々に高まってきたような気がしています。 この1年半、光マイクロバブルP4がコンスタントに売れ始めてきていましたが、それがこの1、2カ月において加速されてきたようです。 光マイクロバブルP4については、お客さんが
『光マイクロバブルとマイクロバブルフォーム(3550回記念)(3)』の画像

 今日は週に一度の探り作業日、いつもの午後からの時間をやや遅らせての開始となりました。 このところ、何かと他の仕事が入ってしまって、この作業ができないでいましたので、今日はたくさんの課題が山積したいました。 まずは、緑砦館内の掃除から、先日、アブラムシ退
『緑砦館物語Ⅱ(29)雨にも負けず』の画像

 この3週間における極度の疲労蓄積から解放されるために、徐々に平常状態へ持っていく作業を行っています。 その第1は、いつもより早めに就寝し、睡眠時間を十分に確保することです。 おかげで早起きになり、今朝も5時半起き、それから新聞を読んで光マイクロバブル入
『命と健康の「ものづくり」(3500回記念)(21)』の画像

 少し時間が取れるようになりましたので、大分市に出かけました。 私が住んでいる国東と比較すると大分市は都会であり、その街並みは、超高層のビルがないだけで東京とほとんど変わりません。 人が多く、店舗に並んでいる商品はほとんど同じであり、みなこのように、リト
『今日は大分へ』の画像

 連日の申請書づくりをほぼ終えて、今日は朝からゆっくり過ごして溜まった疲労の回復に努めています。 先ほどは、緑砦館に入り、セロリの収穫と液肥づくりの作業を行い、一息ついたところです。 この申請書づくりには期限があり、それに間に合わせる必要があり、いつもよ
『命と健康の「ものづくり」(3500回記念)(20)』の画像

 昨日は、懸案であった申請書づくりがほぼ終了しましたので、久しぶりにゆったりと光マイクロバブル入浴を済まし、いつもより早めに就寝しました。 おかげで、今朝はすっきりしていて、ゆっくり朝食をいただくことができました。 昨日は、お隣のMさんが、採りたての大きな
『命と健康の「ものづくり」(3500回記念)(19)』の画像

 この3週間、ある大型の申請書づくりに没頭していました。 朝早く起きて、すぐに、その前日までの記事を読み直し、再度書き直す、そして新たに書き進める、これを繰り返してきました。 その後、午前中の会議を経て、その打ち合わせを済ませてから、再度の執筆を夕方まで
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(21)』の画像

クレソンの花 緑砦館1のCレーンに育てていたクレソンが大きく成長し、その背丈は優に1mを越え始めました。 その先に、クレソンの白い花がたくさん咲きはじめ、まるでクレソンの園が形成されたようです。 今日は、その珍しい白い花の撮影を入念に行いましたので、その1
『緑砦館NOW(14)再びクレソンの花』の画像

 先ほど、私の担当分の本文(様式3)を脱稿しました。 これで大きな山を越えたことになります。 残りは、それに付随した申請書づくりがあり、これから、休む間もなく取り組むことになるでしょう。 審査員へのアピールにおける第4のポイントは、その実績です。 この場
『命と健康の「ものづくり」(3500回記念)(18)』の画像

 しばらくの間、デスクワークが続いていましたので、緑砦館に入って作業をすることができませんでした。  懸案続きの仕事のせいとはいえ、毎日の手入れができなくなると、なんだか野菜たちに申し訳なく思っていました。 その間にも、野菜たちはすくすくと成長していたよ
『緑砦館物語Ⅱ(28)久しぶりに野菜たちと触れ合って』の画像

 この1カ月、外国からのコメントが頻繁に送られてきています。 その内容は好意的ですが、以下の特徴があります。 ①簡単な英文ですが、署名はハングル文字です。この後者を信用するとなると韓国からの発進と推測できます。 ②その英文の内容は、まったく記事とは関係があ
『外国からの「おかしなコメント」』の画像

 昨日の続きです。 審査員にアピールする2つ目のポイントは、「独創性、新規性」に関することでした。 私は、学内で事前に出す審査員を務めていたこともあり、その書類において真っ先に見るのが、これに関する欄の書きぶりでした。 ですから、ここを見て、この申請は採
『命と健康の「ものづくり」(3500回記念)(17)』の画像

 しばらくのご無沙汰でした。 このところのブログの執筆ができなかったことを深くお詫びいたします。 なかには、ブログが中断していたので心配になって電話をかけて来られた方もいました。 じつは、この1カ月、少しオーバーですが、「人生を賭けた課題」に取り組もうとし
『命と健康の「ものづくり」(3500回記念)(16)』の画像

 下記の日程で第22回ナノプラネットゼミを開催しますので案内いたします。 以下に、プログラムを示します。 日時:2019年4月13日(土)09:30~12:30 場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市武蔵町向陽台12-2) 主催:(株)ナノプラネット研究所、(株
『第22回ナノプラネットゼミの案内』の画像

 先日、しらたまちゃんから、楽しい作文が送られてきました。 しらたまちゃんも小学3年生になり、少し漢字を書くことができるようになりました。 そのタイトルは、「しょうらいのゆめ」であり、次のように書かれていました。 やや見えにくいので、その作文の内容を紹介
『その後のしらたまちゃん(24)』の画像

 本ブログを書き始めたのが2008年5月からですから、足掛け10年余が経過したことになります。 途中、大病を患ってしばらくの中断がありましたが、幸いにも、今日まで何とか書き連ねることができました。 何事も長続きができない私が、このようなロングランの執筆を続けるこ
『命と健康の「ものづくり」(3500回記念)(15)』の画像

ミツバの花 かわいらしい、直径1~2㎜のミツバの花がたくさん咲き始めました。 ハウスのなかは、もう春が過ぎて初夏を迎えたような陽気です。 昨年末に、地元のスーパーで買って、その根だけを移植して育てたミツバが大きくなりました。 その背丈は50~60㎝にもなり、ジ
『緑砦館NOW(13)ミツバの花』の画像

お詫び この記事については、長野のKさんから共感の電話をいただきました。 しかし、私が次の記事を書く際に、誤って、この記事を消してしまいました。 このような事を興してしまうと、以前だったら相当に落ち込むのですが、これも歳の功のせいでしょうか。 「消えてし

 いよいよ春もたけなわになってきました。 今朝は、明るい陽光が射しこんでいますので、只今、ハウスの窓を開けてきたところです。 また、緑砦館3においては、光マイクロバブルを稼働させました。 その水路の手前では、スペアミントがよく育っていて、その葉っぱがジャ
『緑砦館物語Ⅱ(27) 』の画像

 下記の要領で第45回マイクロバブル研究会が開催されますので案内申し上げます。 日時:2019年4月24日(水) 18:00~20:30 場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市武蔵町向陽台12-2) 主催:マイクロバブル研究会 協賛:(株)ナノプラネット研究所、
『第45回マイクロバブル研究会の案内』の画像

↑このページのトップヘ