マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

更新情報

  5.お風呂上りの「ここちよさ」で、とても「さわやか」になります。    <マイクロバブルの風呂上がりの「ここちよさ」は格別です。とてもさわやか で、前きの気分がわいてきます。マイクロバブルの知覚神経刺激が、からだの全 体によい効果を与えていま

4.お肌がつやつや、すべすべ、しっとりの「ここちよさ」   <顔や手足の皮膚の輝きを増した人が大勢います。マイクロバブル温泉水がしみ 込み、しっとり、すべすべの「ここちよい」肌になります。化粧の「のり」がよ く、化粧水の使用が不要になったと驚いている

3.からだの痛みが、すぐに、やわらぐ「ここちよさ」があります。   <マイクロバブルの近くで入浴すると、すぐに、硬くなった筋肉や筋が柔らか になり、その痛みもやわらぎます。痛みの軽減をご自分で確かめてください> 「昼神温泉水+マイクロバブル」の効果の

2.からだがポカポカの「ここちよさ」、夜もぐっすり眠れます。 <からだの手足が、いつもより温かくポカポカします。夜もぐっすり眠れて、トイレに 行く回数が激減します。からだが軽くなった、楽になった、足のむくみがなくなったと いうお年寄りが増えています>

阿智村の昼神温泉にある「阿智川ホテル」や「湯ったりーな昼神」のマイクロバブ ル風呂に入りながら、そこから生み出される「ここちよさ」は何であろうか、そして、 その原因はどこにあるのか、その「重要な何か」を、ひたすら、ずっと考えてきまし た。これには、それ

2007年10月、南信州の阿智村にある「湯ったりーな昼神」の露天風呂にマイクロ バブル発生装置が設置されました。 以来、この地を訪れるたびに、この露天風呂に入りつづけて、おそらく、その回数 は20を超えていると思います。この入浴体験によって、そのマイクロバブル

長野県の南(「南信」と呼ばれるそうである)に小さな村「阿智村」があります。この 地には、4月末から連休にかけておよそ20万人の方々が訪れるようになっていま す。その大半の方々の目的は、花桃を見ながら散策をすることです。聞くところによ れば、この谷合には数

今から37年前、下宿の隣に住んでいたNさんが引っ越すので、彼が持っていたステレオを買わないかといわれました。おそらく、引っ越しの金すらなかったのだと思います。それを安くで買いとったことを思い出しました。そして、なけなしの金を使い果たし、ようやく買ったレコー
『旅立ち』の画像

↑このページのトップヘ