マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」

本「旅日記」で、マイクロバブルの科学と技術に関する難しい情報をやさしく解説し、深く考えることによってマイクロバブルの物語をよりおもしろくします。また、それをゆかいに展開させていきます。これが、あたかも燎原の火のように、それこそ国境を超えて、どこまでも広がり、国民生活と産業に深く分け入ることで、マイクロバブル社会が形成されることをめざします。

マイクロバブル博士の「マイクロバブル旅日記」 イメージ画像

更新情報

恐慌なのか 世界ブリタニカ百科事典における恐慌の定義は、以下の通りです。 「景気循環の好況局面における過大な設備投資が不況局面の出発点において設備過剰をもたらし,生産と消費の間に大きな不均衡が起り,商品の過剰生産が一般化して価格が暴落し,企業倒産や失業が
『第32回ナノプラネットゼミを終えて(3)』の画像

3
 心配事が現実に 昨日の新聞紙に、東京都におけるコロナ対策の専門会議(「モニタリング(監視)会議」)が開催され、そこで、新型コロナウイルスの感染者数が再び増え始めていることが示されました。 その現状認識は、 「さらに増加傾向が続くと、急速に感染拡大するこ
『徒然に光マイクロバブル(50)新型コロナウイルス(35)』の画像

4
ある「問い合わせ」 (株)ナノプラネット研究所の問合せ欄に、次のような内容の依頼がありました。 「私は、光マイクロバブル入浴を長い間愛好している病院の医者です。この入浴が非常にここちよく、健康によく、頭がすっきりしますので、これを手放せなくなりました。 
『命と健康の『ものづくり』Ⅲ(4100回記念)(3)急がば回れ(3)』の画像

「急がば回れ」とは 広辞苑で、「急がば回れ」を紐解いてみました。 「危険な近道よりも、安全な本道をまわった方が結局早く目的地につく意、成果を急ぐなら一見迂遠でも着実な方法をとったほうがよい」 ここで、ちょっと目を引いたのが、赤字の部分でした。 「安全な本
『命と健康の『ものづくり』Ⅲ(4100回記念)(2)急がば回れ(2)』の画像

4
 遠方より友来る 昨日、かつて同じ職場にいた同僚で、今はM大学教授のK先生が、珍しく来社されました。 なつかしく「遠方より友来る」の想いが脳裏を過りました。 先生とは、若い時から、私の研究室によく来られ、私が淹れたコーヒーを飲んでは語り合う仲でした、 な
『友、遠方より来る』の画像

4
トトロの歌 最近、ユッツのお気に入りが「となりのトトロ」の歌です。 この歌を唄いながら、ピアノの鍵盤をたたく、太鼓やバケツの底をたたくのが好きです。 お父さん、お母さんが二人とも音楽好きなので、ユッツも、その血筋を受け継いでいるのではないかと思います。 
『ユッツ(27)』の画像

3
 困ったことに、昨日の朝からインターネットが停止したままで、本ブログの記事を更新できませんでした。 こんなとき、まず、「時間を置けば直る」という経験がありますので、それを待つことにしました。 ところが夜になっても、それが直らず、次の対策を講じました。 中
『第32回ナノプラネットゼミを終えて(2)』の画像

3
 昨日、第32回ナノプラネットゼミが開催されました。 最初は、YO氏による「廃校利用問題」についての話題提供でした。 最近における廃校の件数は、文部科学省の調査によれば6000件を超えているそうです。 いかに、凄まじい人口減少が地方で起きているかを象徴する現象を
『第32回ナノプラネットゼミを終えて(1)』の画像

 下記の日程で第33回記念のナノプラネットゼミを開催します。 以下に、プログラムを示します。 日時:2020年10月17日(土)09:30~12:30 場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市武蔵町向陽台12-2) 主催:(株)ナノプラネット研究所、(株)ナノプラ
『第33回ナノプラネットゼミの案内』の画像

4
 コロナパニンデミックの下で この数日間、第4100回記念の記事のテーマを考え続けてきましたが、なかなか良いアイデアが浮かばず、「どうしたものか」と思案に明け暮れていました。 今朝になって、もう一度、それを考え直していて、本題が一番良いのではないかということ
『命と健康の『ものづくり』Ⅲ(4100回記念)(1)急がば回れ(1)』の画像

 コロナの第二波感染の拡がりのために約1か月半の中断をしていました。  下記の日程で第32回記念のナノプラネットゼミを開催します。 以下に、プログラムを示します。 日時:2020年9月12日(土)09:30~12:30 場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市
『明日は第32回ナノプラネットゼミが開かれます(再案内)』の画像

4
 ロハスとは、「Lifestyles Of Health And Sustainability」の略称のことです。 本日は、前記事に続いて、福岡伸一著『ロハスの思考』における「水について考える」について、さらに考察を重ねましょう。           水について考える よい水をたくさん摂取する
『ウルトラ・パラダイムシフト(3950回記念)(11)ロハス生活(7)』の画像

4
 久しぶりの投稿です。 これまでの記事を読み直し、その「けじめ」の記事を認めておこうと思いました。 昨日の記事において、300回近くにもなった『国東の食環境』の記事について、その最初からの経緯を少し紹介しました。    まずは、国東の海の幸、野の幸に直に触れ
『国東物語(14)知られざる「豊穣の水」(11)』の画像

3
「国東」とは 早いもので、2012年4月に山口県周南市から、ここ国東市武蔵町向陽台に移り住んでから9年目の歳月を迎えています。 しばらくは、前職場の高専のことが頭の片隅に残っていたのでしょうか。 いつまでも、私の研究室の図書や資料が片付かず、引っ越しが完了でき
『国東の食環境(298)ゴーヤーの天ぷら』の画像

3
台風一過 大型の台風が過ぎていきました。 残暑は残っているものの、より一層秋の気配が忍び寄っています。 このところの懸案であった「研究報告書」を昨夜仕上げ、先ほど送付を済ませました。 この10日間、この作業に没頭していましたので、それが終わってかなりの緊張
『徒然に光マイクロバブル(49)新たなブレイクスルー』の画像

3
大型台風 静かな日曜日の朝です。 南の沖縄奄美地方には、超大型の台風10号が接近しています。 瞬間風速で毎秒80mというのですから、人も車も軽く飛んでしまいます(ただ今の報道では、最大瞬間風速は70mとなっています)。 気象庁は、「これまで経験したことがない
『日曜日の朝(48)大型台風』の画像

4
 混迷の深まり 我が国の「ルイ16世」が、すべての政治経済の行き詰まりのなかで、自分の健康問題を理由に辞意を表明しました。 世界的な不況のなかでコロナのパニンデミック(パンデミック+パニック)が覆い被さり、世界と日本の人々の暮らしと経済は、ますます深刻さを
『命と健康の『ものづくり』Ⅱ(3600回記念)(30)「へたり込み」と「天命」(7)』の画像

3
 ここ向陽台では、朝がやや涼しくなってきて、ここちよい目覚めを喜んでいます。 このところ、うれしい夢ばかりを見ていますので、それもよい目覚めの一因になっています。 これが正夢になって、なにかよいことが起こるとよいですね。 さて、この1週間、ある研究開発の報
『私の光マイクロバブル入浴研究Ⅲ(46)』の画像

3
秋の空 この1週間、ある研究開発実験の成果をまとめた報告書作りに没頭しています。 その気晴らしに、夕刻の散歩を楽しんでいます。  例によって、カメラを抱えているとよい景色を探そうという意識が働きますので退屈しません。 夏が終わり、秋へと向かうころになりまし
『徒然に光マイクロバブル(48)奇想天外サイクル』の画像

3
「お任せ定食」 先日、中津にみんなで行った際に、割烹「丸清」に立ち寄り、昼ご飯をいただきました。 今回は、こちらが注文する前に、店員さんから先に「お任せ定食でよいですか」といわれました。 もちろん、みんな、それでよく、すんなり注文を済ませました。 早速、
『国東の食環境(297)道の駅「院内」の梨』の画像

3
 秋冬の「第三波」に備えて 新型コロナウイルス感染の「第二波」のピークは過ぎたようですが、不気味なのは、東京において依然として100名、200名の新たな感染者が発生し続けていることです。 この間の経過をやや振り返ると、新宿においてエピセンターが出現し、それが埼
『徒然に光マイクロバブル(47)新型コロナウイルス(35)』の画像

3
 パソコンの復活 先日、2016年末から使い続けてきたデスクトップパソコンが、急に電源が切れて使えなくなってしまいました。 仕方なく、ノートパソコンで、その代用を行ってきましたが、そこにはバックアップデータがなく、所詮、急場凌ぎの対応しかできていませんでした
『命と健康の『ものづくり』Ⅱ(3600回記念)(29)「へたり込み」と「天命」(6)』の画像

4
半沢直樹(6) 「半沢直樹」のもう一つの特徴は、「情熱」に溢れていることです。 この大元は、「父の死」にあるといえます。 かれの父親は、町工場でネジを製造する社長さんでした。 しかし、経営不振に陥ったときに銀行員(若い頃の大和田常務)に冷たくあしらわれ、そ
『イデオロギー好きの国民性と科学の受容(4050回記念)(6)』の画像

4
お迎え 本日は、宇佐市院内の道の駅で野菜や果物を購入してから、直接、ユッツの保育園に「お迎え」に向かいました。 保育園の前の駐車場には、たくさんの車がすでに来ていました。 そのせいで、お迎え父母や子供さんがたくさんいて、久しぶりにたくさんの親子を見て、な
『ユッツ(26)』の画像

3
半沢直樹(5) この2週間、「半沢直樹」の感想を記していませんでした。 まず、この番組の出だしがよいですね。通常の番組では、題目があって「この番組は次のスポンサーで送ります」といってからコマーシャルがある方式ですので、ノロマの出だしです。 それがなく、いき
『イデオロギー好きの国民性と科学の受容(4050回記念)(5)』の画像

3
晩 夏 夕暮れ時、ここちよい風がそよぐなか、久しぶりに家の周りを、カメラを持ってゆっくりと散策しました。 夏の終わりを示すツクツクボウシの蝉の声が、ひきりなしに聞こえていました。 草花や木々は、すでに秋を迎え始めていました。 この向陽台の森は竹の名産地で
『国東の食環境(296)小魚』の画像

2
 コロナの第二波感染の拡がりのために約1か月半の中断をしていました。  下記の日程で第32回記念のナノプラネットゼミを開催します。 以下に、プログラムを示します。 日時:2020年9月12日(土)09:30~12:30 場所:大成研究所セミナー室(〒873-0432 大分県国東市
『第32回ナノプラネットゼミの開催案内』の画像

3
 泣くのはいやだ! 清楚に、そして優雅にも咲き誇っていた数十本の高砂百合の花が枯れて、結実化に向かいました。 ここ向陽台に吹いてくる風にも、心なしか秋の気配を感じることができます。 今年は、コロナの夏でしたが、私どもの研究所の前庭においては高砂百合の夏で
『命と健康の『ものづくり』Ⅱ(3600回記念)(28)「へたり込み」と「天命」(5)』の画像

3
楠の大木 藤原茶舗で歓談をした後に、そこから30m先にある四日市北小学校のグランドを散策しました。 夏休み中だったのでしょうか。 校庭には、だれもおらず、静かに大木たちが迎えてくれました。 私が通っていたころは、四日市町立四日市小学校でした。 創立は明治7年
『四日市小学校の思い出(2)』の画像

3
極楽通り 先日、宇佐市四日市にあるお墓の掃除に行った際に、昼食までに少し時間がありましたので、昔の四日市町だった時代の中心街あたりを散策することができました。 古くは、この四日市が天領であったことから、交通の要衝として人が集まって栄えたようです。 また、
『四日市小学校の思い出(1)』の画像

↑このページのトップヘ